雛人形は産まれてきた女の子に降りかかる災厄を身代わりに受けてくれるという、言わば女の子のお守りです。

そのため本来なら雛人形は一人につき一つ用意するものです。

先祖や母親からダイだい譲り受けるといった物でもないのです。

しかし、家庭に何人も女の子を授かった場合人数分の雛人形を揃えるのは、金銭的な面だけではなく置き場所に関しても問題が出てくるでしょう。

そういった事から、一人に一つではなくお雛様は一家に一つという家庭も多くなっているようです。

それでも御守りとして一人一人に雛人形を用意してあげたいというのなら、コンパクトタイプの雛人形でも良いですし、お内裏様とお雛様だけのシンプルなら物でも良いでしょう。

最近は、木製の雛人形やガラスで出来た一風変わった見た目の雛人形も多く出回っています。

子供によって用意する雛人形のタイプを変えてみても楽しいですね。

また雛人形は購入するだけではなく手作りをする事も出来ます。

それこそ様々な材料を使って作るオリジナルの雛人形も愛情たっぷりで、女の子の大切な御守りとなってくれるんじゃないでしょうか。

お雛様の本来の意味を考えるのなら、出来る事なら姉妹それぞれにお雛様を用意してあげたいものです。

5月5日は端午の節句、男の子の健やかな成長を願ってお祝いします。5を並べた日になったのは五節句が起源になっています。

五節句の節というのは中国唐の時代、暦法で決められたもので、季節の節目に旬のものを食べて穢れを払う行事が行われていました。

このような風習が日本に伝えられたのは奈良時代で、五節句は明治6年に廃止されるまで農村部まで広がり、次第に勇壮なお人形を飾って子供の成長を願う行事として受け継がれ今に続いています。

5月5日のこどもの日に飾る「五月飾り」「五月人形」と呼ばれるものは、勇ましく威厳のある鎧・兜が一般的ですが、これは鎌倉時代に始まったといわれています。

江戸時代になると源義経や弁慶などの武者人形や文武両道の天皇として名高い神武天皇などが飾られるようになります。戦後になると、「神武天皇」と「鍾馗様」をセットで飾る事が多くなりました。鍾馗様は怒ったような恐ろしい顔をしていますが、邪気を寄せつけない威厳があるので五月人形として飾られました。しかし今では童人形のような優しくかわいい人形が好まれるようです。

五月人形には屏風が付き物ですが、この絵柄にも決まりや言われがあります。吉祥柄といわれ縁起の良い虎、鯉、牡丹などの動物や植物が描かれています。

姉の子供の五月人形を母が購入した際の話です。

近くのおもちゃ屋に五月人形を購入しようと見に行ったのですが、どれも値段が高いものばかり...。

うちはそんなに裕福ではないので、大きなものは買ってあげられませんでした。

悩んだあげく、もしかしたらネットならお買い得なものがあるかも...と思い、私が調べたところ写真で見た限りガラスケースに入っている、とっても立派な五月人形がお手頃価格で紹介されていました。

すぐにその商品に決め、購入しました。


ネットでの購入なのでとっても不安だったのですが、届いた商品は立派なもので、安価で購入出来たことを母も喜んでいました


ところが、次の日母が「どうしよう!ヒモを切っちゃった」と騒いでいました。

ガラスケースの五月人形の場合、周りを色の付いた太めのヒモで縛ってあります。

そこに重なるようにビニールヒモで縛ってあり、どうやら母は意味がわからずに両方切ってしまった模様。

本来なら、ビニールヒモだけ切れば良く、太いヒモの方はガラスケースから五月人形を出す際は外すけれども、再度ガラスケースに入れて保管する際には必要なものです。


どうにもこの太いヒモが無いと、ガラスケースごと飾ってる時は締まりがないので、結局この五月人形の販売元へ車で出かけて別のヒモを掛けてもらうことになりました。

隣県で車で二時間程の場所だったのですが、お店の人は快く受けて下さって大変助かりました。

ですがネットで見てみるとこのガラスケースのヒモを切ってしまう方は少なからずいるようです。


殆どの方は気付くと思いますが、私の母のようにおっちょこちょいな方もいらっしゃると思いますので注意は必要ですね。

五月人形:人形広場 雛人形・五月人形専門店

最近、インターネットで発見しました!

ミニサイズの五月人形。

三段飾りでも幅が24センチ、奥行きが約26センチ、高さ

が、約28センチです。

材質はポリレジンという樹脂を使用して、本体を形成、着色

により、リアルな五月人形を作り上げている『お久田』さん

という東京の会社さんです。

コンパクトながら、完成度は、なかなかなものです。

上から順に、一段目には、兜(または鎧)・弓・太刀セッ

ト・豆畳(鎧の場合のみ)・火縄銃・出陣旗。二段目にかがり火・軍扇・太鼓・陣笠が飾られ、三段目には、菖蒲・柏

餅・瓶子・粽がセットされています。

玄関や、リビングなどにも気軽に飾れるのがうれしいです。

ミニチュアサイズの五月人形は、飾るのもカンタン。片づけ

るのもカンタン。店舗用のディスプレイとしても、また、海

外のお客様向けにも人気があるようで、お土産としてもお持ち帰りされたり、お友達に送ったりしている方も結構いらっしゃるようです。

平飾りや、二段飾り・三段飾り・収納飾り・出世鯉や、ガラス細工などサイトを見ているだけでも飽きません。出世兜と

伊達公仕様の兜の2種類を用意しています。

専用のガラスケースを付けることも可能なようです。(別売

りですが)。お子さんたちの誤飲には注意していただきたい

とは思います。